美容審美歯科

白く、綺麗に並んだ歯で最高の笑顔を。

当院では虫歯等の歯の治療以外にも歯を白くしたい、歯並びを治したい、歯肉の形を整えたい等の美しい口元を作るための治療も行っております。
クリーニングだけでもお気軽にご来院下さい。

来院される患者さまのご希望

・何年か前に詰めた銀歯を白くしたい
・歯と歯ぐきの間の黒い部分をキレイにしたい
・前歯の形や色、向きが気になる
・全体的に歯を白くしたい
・1本だけ色の違う歯が気になる

被せ物の材質の比較

見た目の改善を重視する審美歯科では、「セラミック」による詰め物、被せ物が主流となっています。
保険適用の材質よりも天然の歯に近い色を出すことが可能です。材質の特長などご紹介致します。

HBセラミックス

メタルセラミックス

オールセラミックス

レジン(プラスチック)とセラミックスを混ぜ合わせた材料で適度な柔軟性があります。
素材の性質上時間の経過と共に劣化しますが、メタルフリー修復が可能で、他のセラミックスと比較すると経済的負担は少ないです。

内側に金属を使用して強度を出し外側にセラミックスを焼き付けてあります。
金属を使用しているため歯と歯肉の境目が黒ずむことがあり、透明感でも他のセラミックスに劣ります。外側はセラミックスですので耐久性に優れ、変色しにくいです。強度と高い適合性が特長です。

オールセラミックスのみからできている材料です。メタルフリー修復が可能で、耐久性が高く、変色もほとんどしない審美性の高い材料です。
金属アレルギーが生じません。
強度に優れるジルコニア審美性に優れるemaxがあります。

オールセラミックス

ジルコニア

セラミックスの中で最も強度が高い材料です。「人工ダイヤモンド」とも呼ばれていて、従来のセラミックスでは強度的に不可能だったケースでも対応が可能です。透明感が少ないためケースによって他のセラミックスと組み合わせて使います。

emax

ジルコニニアの次に強度のある材料で従来のセラミックスの約4倍の強度です。ジルコニアと比較すると透明感があるため、ジルコニアほどの強度が必要ないときに使います。

 

歯茎の審美

口元を綺麗に見せるには歯だけではなく歯肉の形も関わってきます。

歯周病でやせてしまった歯肉や腫れてぶよぶよの歯肉では歯が綺麗でも綺麗な口元にはなりません。
当院では歯だけではなく、トータルで綺麗な口元となるよう歯肉の審美治療も行っております。
写真の症例は歯の治療だけでなく、やせてしまった歯肉に対して歯肉を増やす処置を行った症例です。

治療前

 

治療後


ホワイトニング

ホワイトニング

ホワイトニング剤を塗布することで、歯の表面の黄ばみ色素を分解して歯を漂白していきます。
歯科医院で行うオフィスホワイトニングと、家で行うホームホワイトニング、オフィスとホームを両方行うデュアルホワイトニングなどの方法があります。


ホームホワイトニング

患者さん専用のマウスピースを製作し、患者さん自身がマウスピースの中にホワイトニングジェルを入れて、家で毎日一定時間装着して漂白する方法です。変化はゆっくりですが、透明感のある綺麗なホワイトニングが可能です。

オフィスホワイトニング

歯科医院にて漂白を行う方法です。歯の表面に高濃度のホワイトニング剤を塗布して漂白する方法です。一日で完了し、比較的効果がわかりやすい方法です。

ウォーキングブリーチ

神経が死んでしまった歯や神経の治療をした後に変色してしまった歯に対して歯の中にホワイトニング剤を入れて漂白する方法です。神経のない歯にしか適応出来ませんが、ホワイトニング効果が出やすい方法です。

美容審美歯科 症例

メタルフリー修復

治療前

 

治療後

メタルフリー修復

治療前

 

治療後

前歯4本のセラミックス修復

治療前

 

治療後

ノンクラスプデンチャー

金属のばねを使わない部分床義歯:ノンクラスプ・デンチャー

1956年にアメリカで開発されて以来、95か国以上で認められている方法です。従来の 入れ歯にあったような金属のバネが無く、半透明の材質なので装着しているように見えず、目立たない入れ歯です。硬くないため心地よく装着していただけます。
また、金属を使用していないので金属アレルギーの方でも安心して使用して頂けます。自費診療(保険外診療)による入れ歯になります。

ノンクラスプ・デンチャー5つの特徴
1.審美

歯の表面に金属クラスプ(バネ)が無いので、義歯は口腔内に入れても義歯と気付かれません。

2.快適

義歯床の厚みがかなり薄くできるので、違和感が少なくなります

3.安全

歯を削る必要がありません。無味無臭でアレルギー反応もありません。

4.機能性

咀嚼、発声機能は平常通りで安定性がよいです。従来の義歯の2分の1の重さです。

5.維持

弾力がある素材で歯の下までぴったりと合わせることができるため外れにくく、痛みが少ないです。