金属アレルギー

メタルフリー修復

金属を使わないで歯を治す方法です。

金属で作った銀歯などは、割れたり目に見える欠陥が起きることが少なく長年歯を治す時には必須とされてきました。また、日本では長年銀歯が保険対象とされてきていました。
しかし、銀歯特有の酸化(サビ)や金属アレルギー(かぶれ)等の問題から銀歯より金歯の方がよい治療とされ、現在も長期性の観点では最も良い治療とされていますが、見た目の美しさの点で敬遠されている方が多いのが実情です。
当院が連携を結んでいる東京医科歯科大学では、長年金に代わる夢の素材の歯科への適応を研究していました。しかし、強度の点から金に代わるものの開発はなされませんでした。
今世紀に入って、ジルコニアセラミックスを応用した歯科治療の治験が行われるようになり、10年の年月を経て、割れにくい信頼のおけるオールセラミックス治療として応用できるようになりました。
また、小さいむし歯や強度がいらない部位には従来からあるハイブリットセラミックスやジルコニア以外のセラミックスを症例に応じて使い分けることにより、より安心で信頼性のある治療が行われています。

メタルフリー修復

治療前

 

治療後