インプラントを長持ちさせるためには、どうすれば良いのですか?
最新情報

インプラントがダメになる主な理由としてインプラント周囲炎というものが

あります。これはインプラントの歯周病のようなもので、歯周病と同じように

インプラントの周りの汚れが原因で歯茎に炎症を起こし、インプラントを支え

ている骨を溶かしてしまう病気です。これが進行するとインプラントを除去し

なくてはならなくなります。

これを予防するにはご自身の歯を長持ちさせる時と同じでご自身の歯磨きと

歯科医院での定期的なメンテナンスでインプラントの周りをキレイに保つこと

が大事になります。どんなにご自身でキレイにできているつもりでも見えない

ところに汚れが付いていたり、何も自覚症状がなくてもインプラント周囲炎が

進行していることもありますので定期的なメンテナンスを受けることが大事で

す。

二子玉川 歯医者/歯科|二子玉川デンタルスタジオ|二子玉川駅徒歩3分|美容審美歯科・精密インプラント治療・ホワイトニング・歯周病治療・口腔外科

インプラント本体10年保証、上部構造物2年保証

日付:   カテゴリ:インプラント治療後, よくあるご質問